位置情報・センサー情報を一元管理する BLEモニタリングシステム

AC&Mでは、Beacon/各種BLEセンサーとIoTゲートウェイの組み合わせにより、その送受信データをモニタリングできるパッケージシステム「TRACE MOTION」を企画から導入までご支援いたします。

●TRACEMOTIONご説明資料はこちら TRACEMOTION_概要資料

TRACE MOTIONとは

TRACE MOTIONは、ヒト・モノの現在地やセンサー数値をBLEビーコンデータをもとに可視化し、パソコン・タブレットから閲覧することができる位置情報・センサー情報モニタリングシステムです。

BLEビーコンとゲートウェイ端末で収集されるデータを蓄積、整理して可視化することで
所在や数値情報を一目で認識することができます。

モノやヒトの所在管理、科学的・物理的数値を自動収取することで、「探す」「測る」の時間を短縮できることはもちろん、客観的数値の把握をすることで様々な業務改善の「気付き」が生まれます。

●標準パッケージからのカスタマイズ、分析機能の追加等、お客様の用途に合わせて設計することも可能
●シンプルなインフラ構成とフレキシブルな基本設計、UIコンセプト
●POCや試行利用など本検討前の裏付けアクションにおいてもスピーディーに対応

TRACEMOTIONは「探す」「測る」をBLE技術で自動化し、コックピットのように表示するマルチモニタリングシステムです。
スタンダードビーコンで位置情報、温度センサービーコンで自動温度管理など、BLE機器をベースとしたデータの可視化を可能とします。

Cace1  オフィス

フリーアドレス化の推進でスタッフの所在が固定されず「探す」という新たな課題

TRACEMOTIONは大まかな所在をモニタリングして画面に表示。社内チャットや電話で所在を確認しあうプロセスが必要なくなり、「探す」手間を解消できます。

【導入効果】
①社員同士の「探す」とうプロセスを解消し、ストレスのないコミュニケーションを実現
②重要物や持ち出し品のモノの所在管理も可能。「探す」手間を省きます。
③フロアの温度管理も可能。自由な場所にセンサーを設置できるので、リアルな温度管理が可能。

Cace2  医療施設

院内での頻繁に移動する小型の医療機器

その機器が「今どこにあるのか」を知ることは管理要素として一番需要なこと。
機器に取付したBLEビーコンをモニタリングし、簡単にマップ表示、また、院内の冷蔵庫、室温などのセンサー情報もマルチに可視化します。

医療関係でのソリューションこちら
http://mutoh-technos.jp/

Cace3  製造現場

工場内で日常的に手動計測される数値や稼働データ

温度、湿度、圧力、振動・・・その種類は様々で人の手によって計測し記録されていることが多くあります。TRACEMOTIONは、各種BLEセンサーからの数値を自動的に受信して蓄積、モニタリングできます。

【導入効果】
①計測作業の自動化による労務時間、コストの削減
②計測数値の正確性と集積データ分析による作業改善の可能性
③アラート機能による、「何かが起こる」前での対応、対策
④計測器等の所在を明確にし、「探す」「なくす」等のロスを削減

Cace4  ホテル・旅館

外部環境で変化する浴槽の適温管理は直接顧客満足度に影響するシビアな課題

事後対応になりがちな、温度調整をTRACEMOTIONの日常モニタリング、アラートでプロアクティブな対応に変化させます。

【導入効果】
①勘と経験+現実数値モニタリングを重ねることによる、プロアクティブな浴槽の温度維持
②蓄積されたデータと天候や環境を分析することによる、変化パターンの発見
③さらにフロント貸出物等の所在を明確にし、「探す」「なくす」等のロスを削減

 

Cace5  飲食業

HACCP(ハサップ)導入義務化が進む中、厨房機器の温度管理マネジメントは大きな課題

TRACEMOTIONは、温度・湿度・水温BLEセンサーからの数値を自動的に受信して蓄積、モニタリングできます。

【導入効果】
①計測作業の自動化による労務時間、コストの削減
②計測数値の正確性と集積データ分析による作業改善の可能性
③アラート機能による、「何かが起こる」前での対応、対策
④ホールスタッフの移動データ分析による、効率化+生産性の向上

TRACEMOTIONのシステムイメージ

TRACE MOTIONのイメージとカスタマイズ

TRACE MOTIONをベースとしたモニタリングシステムを、ユーザー様のご要望によりカスタマイズ開発致します。
デザインはもちろん可視化仕様の設計から開発まで、リーズナブルかつスピーディーに対応いたします。 

新着情報